今日は初めての体験入店!

初めて体験入店をするという方は、当日どのように働くことになるのか、どういった準備をすれば良いのか多くの不安を抱えていると思います。

そこで今回の記事では、初めての体験入店そつなくこなし成功させて終えるためにも、どのような流れで行われるのか詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

そもそも体験入店とは?

そもそも体験入店というのは、キャバクラや風俗などで、正式に働く前に何日かお試し期間を挟んで店の雰囲気を感じることにより、ミスマッチなく働けるようにすることです。

一般的な企業などで働き始める際には、面接を行い、面接に合格したら働くことができる日程を調整し、研修・講習などを受けて働き始めるというのが、主な流れになります。

一方で体験入店などの制度を定めているお店は、いわゆる夜のお店というのが一般的となっているため、通常の企業などとは異なる働き方をしなければいけません。

そのためあらかじめどのような仕事を行うか、今後やっていく上で支障はないかという確認をするためにも、体験入店というシステムを定めています。

仮に体験入店で自分には合わないなと感じたら、正式に働く前にやめることも出来るので 安心してください。

体験入店の一般的な流れ

ここからは体験入店の一般的な流れについて、具体的にどういったことを行っていくのからしく解説していきます。

1.店舗で面接

まずは夜のお店とはいえ、面接は絶対に通過しなければいけません。

面接に合格することができなければ、体験入店もすることができないので、しっかりと身なりなどを整えて臨みましょう。

この際に、保険証や運転免許証などの身分証明書を持参していれば、面接をしたその日から体験入店することもできるので、すぐにでも働いてみたいという方はしっかり準備しておいてください。

2. 働く前の準備 メイクなど

夜のお店などでは、働く前に特別な準備をしなければいけないところもあります。

例えば、キャバクラなどでは特有のメイクやヘアアレンジなどを要求される場合もあり、美容室などに行く必要もあるでしょう。

また煌びやかなドレスやそれに適したアクセサリーなども場合によっては必要になるので、できるだけどういった準備をしなければいけないのか事前に聞いておくのがおすすめです。

店舗によっては使う必要のあるドレスやアクセサリーなどを貸し出しているところもあるので、そういったものを利用するのも良いですが、自分に合わないものや時代に適していないので、できるだけ自前のものを用意したほうが良いでしょう。

3.開店前の挨拶

実際にお店が開店になる直前には、ほとんどのところで店長とキャストが挨拶をするという場が設けられます。

体験入店する人は、この時に他のキャストの人々と初めて挨拶を交わすことになるので、相手に不信感や不安感を与えないようしっかり挨拶をしましょう。

メイクや着替える時などにも、他のキャストと会う機会はあるので、そういった時にも挨拶は欠かさないようにしなければいけません。

自分はお客様と接するだけだから関係ないと思う方もいますが、しっかり挨拶をしておくと、注意しなければいけない点や気を付けなければいけないお客様の特徴などを指導してくれる場合もあります。

スムーズに働けるかどうかにも大きく影響してくるので、挨拶はどういったところでも欠かさないようにしましょう。

4.お店特有のサービスやマナーを学ぶ

挨拶が終わったら、基本的には新人の教育を行う人が、一般的な知っておくべきことからお店特有のサービスやマナーまで、様々なことを教えてくれます。

接客はどのようにすれば良いのか、気を付けなければいけないことや、絶対にしてはいけないことなど聞き逃してはいけないことばかりです。

もっとも開店直前の時間にあたるため、最低限のことしか教えてくれないという場合もあります。

最低限の事しか分からなくても、基本的には体験入店する人に対して必ずマンツーマンでボーイの人なのがついてくれるため、安心して働くことができますよ。

何か分からなかったらすぐに周りの人に聞いたほうが、大きなトラブルなどに繋がる心配もありません。

必ずどこに誰がいるかというのもあらかじめ確認しておきましょう。

5.実際に働く

知っておかなければいけないサービスやマナーを学んだら、実際に働くことになります。

接客から様々なサービスの提供まで、店舗によってしなければいけないことは多く存在するため、緊張するかもしれません。

もっとも体験入店をしている人に対して、店側もそこまで多くを求めないので、自分ができることを最低限こなすことから始めてみましょう。

何をすれば良いか分からないと途方に暮れそうになったら、周りの人がどういったことをしているのか観察するのもおすすめです。

こういった体験入店中の接客態度というのも、採用されるかどうかに当たっては大きなポイントとなるので、気を抜かず一生懸命働きましょう。

6.体験入店終了・意思決定

体験入店が終わったら、当日のお給料を受け取って、働くかどうかの意思決定をすることになります。

勤務態度によっては断られるという可能性もあるので、実際に働いている際には入店を断られないようしっかり接客をしなければいけません。

もちろん自分には合わないなと感じたら、働くことを断ることもできるので、お店の人に流されないように注意してください。

まとめ

今回は初めての体験入店する人に向けて、当日どういった流れで進んでいくのかというのを紹介してきました。

体験入店というのは働く側にとって、事前にお店がどういった雰囲気なのか、同僚はどういった人がいるのかというのも知ることのできる数少ないチャンスです。

今後長く働こうと考えている人は、体験入の際にも気を抜かずに、接客だけではなくどういった店なのかというのもしっかり観察しておきましょう。

セフレを探すならsanmarusan

都合の良い美女と割り切った関係になりたいならsanmarusanを使うべき!女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等色んなタイプのエッチが大好きな女の子が登録しているので、セフレ探しするにはピッタリのサイトです!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です